2015年01月16日

染色ナイトカモでCRYE G2タイプコンシャツ

遅くなりましたが…

あけましておめでとうございます!
旧年中は皆様からご愛顧いただき、おかげさまで飛躍の年になったように思います。
本当にありがとうございます。
今年は休業からのスタートですが、知識や経験を増やして更なる成長を目標に頑張っていきますので
何卒よろしくお願いいたします。


休業の件ですが、ご依頼頂いていた分が全て納品完了しましたので、春までお休みに入ります。
それまで ご相談・お見積り等のメールは受け付けておりますので、何かありましたらお気軽にご連絡いただければと思います。

ブログ更新も、ネタがたまってるのでw たまに更新していく予定です。

------------------------------------

まだブログではご紹介していない、お客様からのご依頼です。




染色済みのナイトカモを、フード付きコンシャツ&コンパンにカスタム!

時代劇「鬼平犯科帳」で 市中見回りの時に主人公が着ている、赤の着物に黒い袴という組み合わせを参考にされたそうです。
胴体部分はエンジ色ですし、「タダモノじゃない」感がぷんぷんです。
コンパンのポケットは片方だけにしたり、明らかに市販品ではないという感じです。



使ったTシャツの前面にロゴがあったので、それを避けるように前後逆で裁断しました。
今背中になっている方が、本来なら前だった面です。
なので後ろは首元までシャツ生地ではなく、ヨークのようなカットにしてあります。



今回私が一番こだわったのはこの袖!
CRYE G2のエルボーパッドが入るように、とのご依頼だったのですが
参考でお預かりしたG2のコンシャツを見てびっくり!
G3のコンシャツや、コンパンのパッド入れのように、袖本体の上にパッド入れが縫い付けられているんだと思いきや…





裏返して見てわかるとおり、袖には穴が開いていて、裏には当て布がしてありました。
しかも、袖の立体的な構造はその穴を利用して展開されており…
うーん、これは単純にパッドが入れられるようにするだけでなく、袖そのものを作り直したほうがいい、つーかむしろ今後の為に再現したいw
という事で、



サンプルを元に寸法出しをして製図。
リップストップの目が方眼になっているのでバラさなくてもある程度は近い物が作れます。
おもしろいパターンでした。さすがCRYE!



で、出来上がったのがコチラ。我ながらかなり近いんじゃないかと思います(自画自賛)。


皆様のおかげで日々できる事が増えていっています。
いつも面白いご依頼を頂いているK様。この度もありがとうございました!  


Posted by イロドリ  at 13:34Comments(0)BDUカスタム